受託ローンに影響する?カードローンの融資

カードローンおすすめを利用していることが住宅ローンに影響するかどうかは、ケースバイケースとなっています。住宅ローンを利用している人はカードローンやフリーローンで優遇金利が受けられるようになっている銀行も多いので、住宅ローンとカードローンを両方同時に利用することはむしろ有利に働くこともあります。ただし、優遇金利が適用されるためには同じ銀行で借りていることが条件ですので、住宅ローンを借りる予定の銀行でカードローンを利用して、良好な利用実績を築いておくことがおすすめです。ここで、延滞をしてしまうと逆に信用が下がってしまい、住宅ローンを借りることが絶望的になってしまうこともあるので、気をつけておきましょう。
基本的には、延滞をせずに利用をしていれば、過去に融資を受けていることはそれほど不利にはなりません。住宅ローンを利用する人は頭金のために貯金をしていると思われますので、金利の高いカードローンで現在進行形で融資を受けているということもあまりないでしょう。もしも融資を受けているなら、頭金の金額を減らしてでも完済してしまうべきです。
消費者金融からの借金については、必ず完済をして、さらには解約をしておくことがおすすめです。一般的に、金利が高いところから借りている人はリスクが高いと見られてしまいます。完済をしてしまうことは重要ですが、解約をしないと契約は続いていて、限度額の範囲内ならまたいつでも借りられる状態です。キャッシング枠付きのクレジットカードなどについても、解約をするか、キャッシング枠をゼロにしておくことがおすすめです。もちろん、年収に対して無理のない枠を持っているくらいならそれほど影響しないこともあります。

関連記事